感想やご指摘等あれば、コメントを書き込んで頂けるとありがたいです。
TSUTAYA DISCAS

のび太「もう二年、か」

漫画・アニメ・ゲーム
スポンサーリンク
1: 闇の世界の名無し 2012/04/03(火) 16:37:55.15 ID:jMGoglsF0
『久しぶりに飯でもいこうぜ!来週の夜の8時前に空地集合な!』

のび太のもとにメールが届いた。ジャイアンからだった。
中学以来だろうか。高校二年の夏休みだというのに全く予定のないのび太は行くことにした。

のび太「……」

中学の頃は楽しかったなぁ

そんなことを考えていた。

そして当日――

のび太「……」

ジャイアン「……」

のび太「あの……他の人たちは?」

ジャイアン「スネ夫は無視、しずかちゃんは無理だそうだ。」

のび太「じゃ、じゃあ僕も帰ろうかn」

ジャイアン「くそーっ!なんで二人しか来ないんだ!のび太、今夜は寝かさないぜ!!」

のび太「いや実は用事を思い出し……うわああああ」ズルズル


スポンサーリンク
5: 闇の世界の名無し 2012/04/03(火) 16:41:10.48 ID:jMGoglsF0
ジャイアンとは中学卒業後一度も会っていなかった。のび太はスネ夫とともに地元の中堅県立校に入り、ジャイアンは実家の雑貨屋を手伝いながら定時制高校に通っている。しずかちゃんは私立の進学女子高に入ったらしいが、その後は全く音信不通だ。

のび太「わかったよ!行くから!一緒に行くから!だから自分で歩かせてよ!!」ズルズル

ジャイアン「お~れ~はジャイア~ン♪ってこの歌も懐かしいぜ!」
のび太「うわ~聞いてよ~」ズルズル

引きずられながらものび太はジャイアンの強引さが嬉しかった。
すぐ近くで変わっていくスネ夫を見ていたこともあって、変わらずにいる旧友の存在が嬉しかったのだ。

8: 闇の世界の名無し 2012/04/03(火) 16:44:20.44 ID:jMGoglsF0
ジャイアン「ほらっ、着いたぞ。俺の家だ。」

のび太「えぇっ、ご飯ってジャイアンの家でなの……って、あれ?」

ジャイアン「なんだよ、俺の家がどうかしたか?」

のび太「ジャイアンの家って、コンビニになったんだね。」

ジャイアン「おう、まぁな。いろいろあってな……」

のび太「そっか……」

ジャイアン「ってそんなことはどうでもいいんだよ!ほらっ、早く入るぞ!」

二人は中学の思い出や、それぞれの近況報告などを語り合った。
中学生の頃スネ夫が振られたこと、ジャイアンの歌が急成長し、文化祭で歌ったこと、最近スネ夫はガラの悪い友達ができ、のび太とは疎遠になったこと、

ジャイアンは酒も入っていたこともあり、話は尽きず、あっという間に翌朝になっていた。

9: 闇の世界の名無し 2012/04/03(火) 16:49:56.02 ID:jMGoglsF0
のび太「じゃあ、僕はそろそろ帰るよ。また誘ってね。」

ジャイアン「なら俺が家まで送ってやるぜ!さぁ行こうzうぉ゛ぇええぇ……」

のび太「へべれけじゃないか……」

二人はのび太の家へと向かった。

ジャイアン「でよぉ~!母ちゃんがよぉ~!ジャイ子ばっかり可愛がりやがってよ~!!」

のび太「ちょ、ちょっとジャイアン、人が見てるからもっと小さな声で……」

ジャイアン「たしかにジャイ子は可愛いけどよ、俺だって店の手伝いばっかりじゃなくってやりたいことだって……」

10: 闇の世界の名無し 2012/04/03(火) 16:51:14.29 ID:dI1Mbp850
高校生で酒のむなよw

12: 闇の世界の名無し 2012/04/03(火) 16:52:19.86 ID:KYh/Jnh80
妙に現実味を帯びた話だな・・・

14: 闇の世界の名無し 2012/04/03(火) 16:53:36.78 ID:jMGoglsF0
のび太「わかった!わかったから静かに……」

ジャイアン「本当だよ!しずかちゃんもスネ夫もこねぇしよぉぉぉ!!!」ドン

のび太「ほら、人とぶつかったじゃないか!どうもすみません。ジャイアンも謝って……」

???「のび太……さん?」

のび太「えっ?」

???「のび太さん、よね?」

のび太は目の前の茶髪の垢抜けた少女が誰だか一目ではわからなかった。

のび太「しずかちゃん……なの?」

「ちょっとぉ~しずかぁ~?どうしたん?」

しずか「なんでもない!今行くから!じゃ、のび太さん、またね」タッ

のび太「あっ……」

ジャイアン「ずいぶん変わったな、しずかちゃん。昔はもっとこう……」

のび太「僕たちがどうこう言える話じゃないさ。でも……」

ジャイアン「……」

のび太「シラフだったんだね」

15: 闇の世界の名無し 2012/04/03(火) 16:54:48.88 ID:buSabVKa0
しずちゃんじゃないのはこの際置いておこう

16: 闇の世界の名無し 2012/04/03(火) 16:58:15.93 ID:AFnmuknV0
文字で見るときはしずちゃんのがしっくりくる

18: 闇の世界の名無し 2012/04/03(火) 17:02:29.44 ID:jMGoglsF0
>>15>>16これから各部分はなんとかするから書き溜めてた部分は我慢してくれ

ジャイアン「このジャイアン、喧嘩だけじゃなく酒にも強いんだぜ!うげぇ気持ち悪い……」ビシッ

のび太「……どっちなの?」

家に着き、ジャイアンと別れたのび太は、徹夜明けで回らない頭でいろいろと考えていた。
DQNとつるむようになってから表向きには明るいが覇気が感じられないスネ夫のこと、
なんだか別の人のようになってしまったけどさっき喋ったときには確かに懐かしさを感じたしずかちゃんのこと、

真剣に考えてはいたが、やはりそこはのび太のようで、徹夜明けの疲労に自室の静けさが相まって、眠ってしまった。

…………

……

ソーラヲジユウニトービターイナー♪

のび太「ううん……うるさいなぁ誰だよ……」

携帯の着信音で目を覚ましたのび太は、携帯を手繰り寄せた。携帯の時計は午前2時を示していた。
画面には「源しずか」の四文字。

17: 闇の世界の名無し 2012/04/03(火) 17:00:49.30 ID:B0t8ad6N0
期待

21: 闇の世界の名無し 2012/04/03(火) 17:04:49.36 ID:CL13tDBxO
書き留めてる割りにはスピードが

22: 闇の世界の名無し 2012/04/03(火) 17:08:35.87 ID:jMGoglsF0
>>21すぐに尽きるだろうからあんまり早く上げると死ぬ

のび太「えぇっ!?しずかちゃん!?」ガバッ

一瞬で眠気が吹っ飛んだのび太は慌ててメールを開く。

『今から空地に来れない?』

聞きたいこともたくさんあったのび太は、すぐに家を飛び出した。

のび太「待たせてごめん!」

しずか「ううん、何年も会ってないのにこんな時間に急に呼び出したりしてごめんなさい。」

のび太「そんなの気にすることないよ。何年たっても僕らは友達じゃないか。」

しずか「えぇ、ありがとう。」グスッ

のび太「わっ、しずかちゃんどうしたの!?どこか痛いの?」

暗闇で顔は見えないが、たしかに泣いているしずかちゃんにのび太は困惑するばかりだった。

26: 闇の世界の名無し 2012/04/03(火) 17:11:48.36 ID:QKYxXGv50
こんな時間に呼び出されたら気にしろよ

27: 闇の世界の名無し 2012/04/03(火) 17:15:51.04 ID:jMGoglsF0
しずか「ふふっ、変わってないのねのび太さんは。」

のび太「……何かあったの?」

しずか「今日の朝、偶然会ったじゃない?」

のび太「うん……」

しずか「あの時一緒にいた友達と、本当に友達だったのかわからないけど、あれから喧嘩になっちゃってね」

しずか「原因はたまたまトイレに立った他の子の悪口言い出したから『そういうのは好きじゃない』って言ったら『いい子ぶるな』みたいに言われて……」

しずか「私、昔からのび太さんやたけしさんやスネ夫さんたちと一緒にいたこともあってか、もともとちょっと浮いてるところあったんだけどね。」

のび太「でも、僕はしずかちゃんのしたことは正しいと思うよ?」

しずか「……」

のび太「自分が浮きたくないからって言いたくもない陰口を一緒になって言うのなんて友達でもなんでもないじゃないか。」

しずか「……っ」

28: 闇の世界の名無し 2012/04/03(火) 17:17:16.79 ID:25t6YR6N0
のび太いい奴すぎる

34: 闇の世界の名無し 2012/04/03(火) 17:23:13.40 ID:jMGoglsF0
のび太「僕はそんな友達だったらいらn」

しずか「じゃあどうしろっていうのよ!?」

のび太「」ビクゥ

しずか「私だってあんな状態嫌よ!でも、それじゃ私は一人ぼっちよ。誰もが誰かと喋ってる教室で私だけ一人。
みんなに後ろ指差されながらそれに気づかないふりしてなんでもないような顔してなきゃいけないのよ?」

のび太「ぼっ、僕だったら、そっちを選ぶよ!自分が嫌だと思うことしなきゃ友達じゃない人たちと無理につるむくらいなら一人の方が何倍もマシさ!!」

しずか「そんなの自分が一人ぼっちなことの言い訳じゃない!!」

のび太「っ!?」

しずか「友達を作る努力さえ諦めたあなたに言っても無駄だったわ。もう連絡しないから。またね。」

のび太「そんなの努力じゃ……」

言いかけたが、最後まで言い切る前に口をつぐんだ。
すれ違う時に見たしずかちゃんの顔が驚くほど疲れて見えたからだ。

35: 闇の世界の名無し 2012/04/03(火) 17:24:10.28 ID:82knxsQd0
なんでだろう
俺が罵倒されてるようだ

39: 闇の世界の名無し 2012/04/03(火) 17:26:57.22 ID:25t6YR6N0
静香・・・

40: 闇の世界の名無し 2012/04/03(火) 17:28:55.82 ID:jMGoglsF0
しずか「さよなら」ダッ

背後から声を聞いてから、のび太は先ほどまでしずかちゃんがいた空間に向かってつぶやいた。

のび太「そんなの、努力じゃないよ。しずかちゃん……」

今の自分自身に満足していないのび太は、何を言えばいいのかわからず、とぼとぼと家に帰るしかなかった。

42: 闇の世界の名無し 2012/04/03(火) 17:33:28.16 ID:jMGoglsF0
家に着いたが、両親に相談する気にもなれず、高校にも友達のいないのび太は、一人で悩んでいた。
何年か前まで、すごく頼れる友達がいた気がするのに……
いつも三秒で眠れていたのび太が、その夜一睡もできずに朝を迎えた。

のび太「……」

のび太「余計なことかもしれない……でも、」

のび太「僕は、しずかちゃんを友達だと思ってるし、友達が困ってるんなら助けなきゃ!!友達なら誰だってそうするはずさ!!」

のび太は、ジャイアンに相談することにした。

0

コメント