感想やご指摘等あれば、コメントを書き込んで頂けるとありがたいです。
TSUTAYA DISCAS

春休みだし、まる子には水だけ与えて生活させましょう

漫画・アニメ・ゲーム
スポンサーリンク
1: 闇の世界の名無し 2021/03/12(金) 22:59:27.12 ID:Q6fJTn3bM
二週間後

まる子「…ぉかぁざ…」

まる子「……ぅぁ…」

まる子「…」

2: 闇の世界の名無し 2021/03/12(金) 22:59:36.30 ID:Q6fJTn3bM
おばあちゃん「何日も食べてないと食べ物を受け付けなくなるらしいからねえ」

おばあちゃん「まる子が食べやすいようにお粥を作ろうかね」

おばあちゃん「もっと食べやすいように米は入れないでおこうね」

6: 闇の世界の名無し 2021/03/12(金) 22:59:53.17 ID:Q6fJTn3bM
家族が狂った
「まる子あなたのご飯は今日から水だけだから」
最初は冗談だと思った
差し出されたのはたった一杯のコップ
「ちょっとお母さん何言ってるの?」
私は聞く
しかし誰も答えない
まるで私がそこに存在しないみたいにみんな振舞う

8: 闇の世界の名無し 2021/03/12(金) 23:00:10.29 ID:Q6fJTn3bM
お母さんお父さんおじいちゃんおばあちゃんおねえちゃん
みんな無言でご飯を食べ続ける
その態度に何か私悪いことをしたのかと少し震えながら水を飲む
味気ない味だ
「ごちそうさま」
ご飯を食べたおじいちゃんが私が水しか飲んでいない姿を見ても無表情だ

9: 闇の世界の名無し 2021/03/12(金) 23:00:25.80 ID:Q6fJTn3bM
ボーンボーン
時間がずれた時計が部屋に鳴り響く
私の家族もどこかずれてしまったのだろうか
そうそれは暑い暑い夏休みの初日のことだった

12: 闇の世界の名無し 2021/03/12(金) 23:00:41.39 ID:Q6fJTn3bM
最初は冗談だと思った
普段はみんな私に普通に接してくれる
おじいちゃんもおばあちゃんも私を見たら笑顔で話をするし
お父さんもいつも通りダラダラしているけど私を見ていつもどおり軽口を叩く
お母さんもおねえちゃんも私に宿題をやっときなさいよと声をかける

13: 闇の世界の名無し 2021/03/12(金) 23:01:05.30 ID:Q6fJTn3bM
しかし毎食与えられるものは水だけ
これには私も危機感を覚えざるを得なかった
そして怖いのは私に水を与えるとき全員が私を見ていることだ

15: 闇の世界の名無し 2021/03/12(金) 23:01:19.73 ID:Q6fJTn3bM
私がコップで水を飲んでいる間みんな私を見ている
おとうさんもおかあさんおじいちゃんおばあちゃんおねえちゃん
合わせて10の瞳が私を見つめてくる
飲み終わったのを確認したらみんななごやかに談笑しながらご飯を食べはじめる
怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い

19: 闇の世界の名無し 2021/03/12(金) 23:01:44.19 ID:Q6fJTn3bM
食後テレビを見ていた母に私は声をかける
「お母さん…おなかすいた」
しかし、母は私の言ったことが聞こえないようだ。
母は背を向けたままテレビを見続ける。
テレビからは芸人たちが笑う声が聞こえる。
まるで今の私を笑ってるようだ。

21: 闇の世界の名無し 2021/03/12(金) 23:02:04.05 ID:Q6fJTn3bM
「ねえ!」
思わず語気を強める。
母はゆっくりと立ち上がり私の前にコップを持ってきた。
また水だ。

23: 闇の世界の名無し 2021/03/12(金) 23:02:17.83 ID:Q6fJTn3bM
「あんたはこれしか飲んだら駄目なのよ」
そう言う母の目が怖くて私はそれ以上何もいえなかった。
ゴクリゴクリゴクリ
味がしない。

25: 闇の世界の名無し 2021/03/12(金) 23:02:39.17 ID:Q6fJTn3bM
何で?どうして?訳が分からない。
胃の中がキリキリ痛む。
ふとテーブルの上を見るとせんべいがあった。
もう我慢できない…私が手を伸ばそうとした、そのとき。
「マルコ!!!!」
お母さんが叫ぶ、そして激しく私の顔を殴った。

26: 闇の世界の名無し 2021/03/12(金) 23:03:02.06 ID:Q6fJTn3bM
髪を掴んでびんたを繰り返す。
痛い痛い痛い痛い
「……ひい、お、お母さん何で」
正気に戻ったのだろうか、母が肩で息をしながら言う。
「あんたは水以外取ったら駄目なの…絶対に…」
涙が止まらない。何でそんな理不尽なことを言うんだろうか。
私は部屋に走って戻る。
途中でおじいちゃんと会ったが、泣いている私の顔を見ても何も言わなかった

29: 闇の世界の名無し 2021/03/12(金) 23:03:17.34 ID:Q6fJTn3bM
部屋に帰っても涙がとまらない。
何でこんなことされるんだろう、何か悪いことしたのだろうか。
お母さんに聞きたかったけどもう殴られるのは嫌だ。
コンコン
ノックの音がする。

31: 闇の世界の名無し 2021/03/12(金) 23:03:37.10 ID:Q6fJTn3bM
「マルコいるか~?」
お爺ちゃんだ。涙を拭きながらドアを開ける。
「マルコ大丈夫か?さっき泣いてたみたいだが水持って来たぞ」
また水だ。
おじいちゃんはお盆にコップを乗せて持ってきた。

32: 闇の世界の名無し 2021/03/12(金) 23:03:53.23 ID:Q6fJTn3bM
「おじいちゃん…?」
「どうした?喉が渇いただろう。お代わりもあるからいっぱい飲むんだぞ」
そう言うおじいちゃんはいつもと同じで優しくて、でもその優しさは何かが違った。

33: 闇の世界の名無し 2021/03/12(金) 23:04:10.19 ID:Q6fJTn3bM
おじいちゃんは笑っているけど今はその笑いにも恐怖を覚えた。
「あ、ありがとう…」
思わず引きつった笑いを浮かべて水をもらう。
他に何かもらえないだろうかと期待したが、もちろん何もくれなかった。
水を飲む。

36: 闇の世界の名無し 2021/03/12(金) 23:04:24.41 ID:Q6fJTn3bM
ゴクリゴクリ
ふとおじいちゃんを見ると無表情で私を凝視していた。
まるで虫でも見るような目で。
飲んでコップを返すと「それじゃあわしは部屋にもどるからの、また喉が渇いたら言いなさい」
そう言って私の部屋から出て行った。

38: 闇の世界の名無し 2021/03/12(金) 23:04:38.18 ID:Q6fJTn3bM
ボーンボーン
居間から時間が遅れた時計の音が聞こえてくる。
まさか夏休みもずっとこうなのだろうか、そう思うと暑いのにブルっと震えた。

41: 闇の世界の名無し 2021/03/12(金) 23:04:58.38 ID:Q6fJTn3bM
朝、目が覚める。
普段なら母から起こされるまで目が覚めないのだが、今日は7時に目が覚めた。
おなかが空いていると早く目が覚めるようだ。
ピンポーン
チャイムが鳴る

43: 闇の世界の名無し 2021/03/12(金) 23:05:19.94 ID:Q6fJTn3bM
そういえば、ラジオ体操に行こうって約束してたんだっけ。
「マルコ。たまちゃんが来てるわよ」
母が私の部屋の外で呼びかける。昨日、私をあれほど殴ったのを忘れているんだろうか。
慌てて準備をする。

46: 闇の世界の名無し 2021/03/12(金) 23:05:33.93 ID:Q6fJTn3bM
靴を履いて出かけようとしたら、母が私にコップを渡した。
「はいマルコ、水飲んでいきなさい」

48: 闇の世界の名無し 2021/03/12(金) 23:06:09.33 ID:Q6fJTn3bM
また水だ。
「お母さん急いでるから良いよ」
そう言って出ようとしたら肩を強く掴まれた。
「いた…!」
「マルコ、飲みなさい」
そう言って笑う母が怖くて私は飲むことにした。
無表情で見つめる母。
何で何で何で何で

50: 闇の世界の名無し 2021/03/12(金) 23:06:25.23 ID:Q6fJTn3bM
「まるちゃんおはよう」
たまちゃんが笑顔で私に挨拶をする。
「うん…おはよう」
「まるちゃん、どうしたの?顔色悪いね」
そう声をかけるたまちゃん。当たり前だ。昨日から水しか飲んでないんだから。

52: 闇の世界の名無し 2021/03/12(金) 23:06:45.56 ID:Q6fJTn3bM
「えへへ…ちょっとご飯食べてなくて」
「そうなんだ?ダイエットでもしてるの?」
本当のことなんか言っても信じてくれないだろう。私は適当にたまちゃんに話をあわせる。

54: 闇の世界の名無し 2021/03/12(金) 23:07:04.20 ID:Q6fJTn3bM
「でもまるちゃんそんなに太ってないしダイエットなんかしたら体に悪いよ」
「う~んそうかな」
「そうだ。ラジオ体操終わったら一緒にご飯食べよ」
ご飯…想像するだけで唾液が出てくる。
でも…今の状況で食べても大丈夫なのだろうか、ふと昨日の母の顔がよぎったが
空腹の誘いに負けて思わずうなずいてしまった。

0

コメント

  1. 闇夜に佇む名無し より:

    なんとなく読んだら・・・

    0